同質出隅

あまり材を使った同質出隅

同質だから実現できる一体感、低コスト

photo特寸加工出隅内寸50mm~内寸150mmまでの大きさに対応できます。現場の半端余り材の持ち込み本数を多く利用していただければ、現場の処分材費が減少するので全体コストも下がります。是非、お試しください。

ジェイウォール静岡「同質出隅」の特徴

低コスト、リサイクル

photo現場の半端余り材を利用することで、資材費・処分材費などコスト削減につながります。余り材を再利用することで、自然環境保護・リサイクルに繋がることから、静岡県経営革新計画に承認をいただいています。通常は前工程となる同質の取付を、後工程で行うための新しい製品をご利用いただくことでより一層の低コスト化が実現できます。

特寸にも対応。サイズは自由自在

photo特寸加工出隅内寸50mm~内寸150mmまでの大きさに対応できます。模様の異なる外壁材の組み合わせや左右非対称な形状など、各種ご要望にお応えいたします。

納期や数量など、現場の要望にお応えいたします。

photo通常の加工納期は、ご注文いただいてから中2営業日ほどとなっておりますが、急ぎの対応もいたしますのでぜひご相談ください。数量につきましても、ケース単位でなく1本単位からでもお受けいたします。不足材が出た場合など、半端余り材・塗料をお持ち込みいただければ、10本程度なら当日仕上げも可能です。


同質出隅の製造工程

[1]原材料
現場の半端余り材を有効利用して、同質コーナーを作成します。現場の処分材費が減少するので全体コストも下がります。

[2]断裁
現場によって異なる寸法にあわせてサイズを切り出します。

[3]合成面加工
コーナーとしてつなぎ合わせる断面を加工します。

[4]接着
断面のゴミをプライマーで除去し、専用のボンドを塗布します。

[5]角面加工
圧着された材料からはみ出したボンドを取り除き、グラインダーで研磨します。

[6]塗装
磨いた表面にメーカー指定の色合いに調合された塗料を塗ります。

[7]完成

ページの先頭へ戻る